玉ねぎボーイと呼ばれて…

とにかく何か始めたくて始めたブログ

ここに行ったよ日本人!!【パウェルリバー編⑤】

どうも、ぼっちミュージシャンこと玉ねぎボーイです^_^

 

f:id:tamanegi-boy:20171008141047p:image

この世のどんな辛いことでも終わりは来る。

けどその道中の真っ只中ではこのまま終わりなど来ないのではないか?という自暴自棄にも似た感情になる時があります。

 

 

そんな経験。

 

 

 

 

 

 

それが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カヌートリップ!!

f:id:tamanegi-boy:20171008141327j:image

 

さて、前回紹介したKoop Bakker(コープ・バカ)アウトドア大好き人間だったのでヘレナからパウェルリバーではカヌートリップができると聞いてすぐに行く気満々になってしまい、借りるカヌーが2人乗りなので僕を誘ってきました。

(コープに関しては前回の記事を^ ^)

ここに行ったよ日本人!!【パウェルリバー編④】 - 玉ねぎボーイと呼ばれて…

 

それまでの僕のカヌーのイメージは

f:id:tamanegi-boy:20171008141806j:image

こんな長閑なゆったりとしたものだったので「面白そうやし行くよ^ ^」と即答。

 

そこからはカヌー借りる人の家に行き基本的な乗り方等を習い、スーパーへ10日分の食料等を買い出し、準備が着々と進行していきました。

 

進路の事とかはコープに任せっきりだったので何も知らずに出発日。(後にすんごくしまった!と思いましたが囧rz)

 

ヘレナに車で湖まで送ってもらいいざ出発!

f:id:tamanegi-boy:20171008175351j:image

僕が前に乗り、コープが後ろで漕ぎ始めたのですが15分ぐらいしてもう腕に疲れが( ゚д゚)

水をオールで漕ぎ続けるってめちゃしんどいんですね(o_o)

少し休むと後ろから「Nick ! Pedal!(「ニック! 漕げ!)」と言ってきますಠ_ಠ

その度に漕ぎ始め、またしんどくて止まるとまた「Nick ! Pedal !」の連続。

 

お前は漕いでるんか?って何度後ろを振り返ったことか!! 一応漕いではいたけど、なんかニヤニヤしてたから多分漕いでなかったんやろな!(笑)

 

f:id:tamanegi-boy:20171008175456j:image

そんなやり取りをしながら漕ぎまくっててやっと湖の端が見えてきました。周りは山ばかり。

僕はそこからまたどっかで違う湖に繋がってるんやろなと思ってたんですが、コープが山の麓にカヌーを付けると言い出します。

……そこで嫌な予感が。

そして不安が当たらぬ事を祈りながらコープに恐る恐る聞きました。

 

「えっ?も・も・も・もしかしてこの山越えていくのかい?(°_°)」

 

彼は、

目の前にご馳走があれば? 涎が出るだろ。

 

いい女がいれば? 振り返るだろ。

 

目の前に山があれば??、、、登るだろ!!

と言わんばかりにYes!と。(ちなみにカヌー+食料10日分+テント等を背負って

 

 

 

 

 

 

コープ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前ほんまに馬鹿(Bakker)やわ!!

 

 

 

 

 

 

つづく。